佐久長聖の小川、期待通りの活躍 高校野球

9日、作新学院9―5佐久長聖) 長野大会で打率5割超を残した佐久長聖の小川が期待通りの活躍. 1回2死二塁で左翼線への適時二塁打. 3回には1死三塁で中前適時打を放ち、存在感を示した. 逆転で敗れ、2002年以来となる初戦突破はならなかったが、まだ2年生. 「自分がチームを引っ張って春に甲子園に戻ってくる」と誓った. ●藤原監督(長) 「ミスが失点に絡んでしまった. 打線はよく打ってくれたと思うが、作新学院の地力が一枚も二枚も上だった.

Advertisements